セサミン道場

セサミン道場

更年期障害はセサミンで軽くなる

女性には思春期くらいに初潮があり、生理が始まります。
年齢を重ねて閉経する頃になると、更年期障害という症状に襲われる方がいますが、現代はその更年期障害が若年化しているとともに、症状を訴える人の数が多くなっているといわれています。
閉経を迎えるくらいになると、女性の体の中で女性ホルモンの分泌量が激減します。
女性ホルモンが乱れてしまうと自律神経失調症のような症状が現れます。

急に暑くなり汗が大量に出たりのぼせてしまったり、時には体が急に冷えたようになってしまったり。
また精神的にもイライラして月経前症候群が一気に押し寄せてきたような症状の方もいます。
悲しくなってみたり急に元気になったり、自分だけではなく周りの家族まで巻き込むような症状が出てしまうという方もいらっしゃいます。

かなりひどい状態になると入院するという方もいるくらいです。
エストロゲンという女性ホルモンの減少により、自律神経のバランスが保てなくなることでこうした症状が出るのですが、軽い人もいればかなり思い人もいます。
一般的には45歳くらいから55歳くらいになると閉経となるので、そのくらいの年齢の方に起こる症状ですが、最近は40代また30代でも若年性更年期障害となる方も多くなっています。
セサミンは、体内に摂取されると女性ホルモンと同じような効果を発揮するといわれています。
この女性ホルモンとセサミンとの関係についてはこちらで詳しく解説されています。

更年期障害の場合、そのものが病気ということではないので、病院へ行っても女性ホルモンを増やすお薬やその症状を改善させるためのお薬が出るだけです。
時に副作用的な症状を起こすお薬などもあるので、できればお薬などを飲まずに改善したいと皆さん考えます。
セサミンを毎日継続的に飲んでいくと、女性ホルモンのバランスを整えるサポートになると期待されています。
女性ホルモンの減少を食い止めるということはできませんが、減少を補うという効果が期待できます。 また、更年期障害と並んで心配な生活習慣病にもセサミンは効くので、40代くらいになったら積極的にセサミンを摂取してほしいと思います。
セサミンはゴマに含まれている成分として有名ですが、ゴマ一粒から摂れる量はほんのわずかです。
なので、効率良く摂るためにはゴマに含まれているセサミンのみを抽出したサプリメントを飲む方法が良いでしょう。