セサミン道場

セサミン道場

女性ホルモンとセサミンの関係

なんだか最近いらいらしている自分。
それに急に暑くなったり急に冷えてしまったり。
いったい私の体、どうしちゃったんだろう?なんて思うとき。
女性の場合、女性ホルモンの減少による体調の変化ということが少なくありません。
女性は一般的に思春期に初潮を向かえ、40代後半から50代に閉経を迎えます。

思春期の初潮の年代には女性ホルモンがぐっと出始めて、40代後半くらいになるとだんだんと減少し、閉経の時期になると女性ホルモンが一気に減少します。
女性ホルモンが一気に減少するとホルモンバランスが乱れてしまうため、様々な症状が起きるのです。
更年期の症状は頭痛や吐き気、まためまいなどを伴う場合もありますし、体がかーっと厚くなったりいきなり冷たくなったり、のぼせなどを起こしたりもします。
精神的な部分にも影響があり、ひどい人になるとそのまま「うつ」状態に移行してしまう方もいます。

入院が必要な方もいますし、更年期障害といっても人によってその症状の出方は様々です。
セサミンは抗酸化作用が有名ですが、実は女性ホルモン「エストロゲン」様の働きを持っていることがわかっています。
セサミンを摂取することで女性ホルモンのバランス維持をサポートする力を持っているのです。
また、鉄分やカルシウムなども豊富に含んでいるのがセサミンなので、更年期障害の後に起こることが多い骨粗しょう症などにも効果的だといわれています。

日本人の食事が和食メインだったころには、欧米と比較すると日本人女性は更年期障害になりにくいといわれていたようですが、今はほとんどの家庭の食事が欧米化していますよね。
小さいころから資質が多く栄養バランスがあまり整っていない欧米的な食事をしてきた私たちは、もう昔の日本人女性とは体質が違います。
現在では日本人女性の多くが経験するのが更年期障害だといわれていますし、若年化しているという傾向があるのです。
セサミンをしっかり飲むことは生活習慣予防になるほか、セサミンで更年期障害の症状の改善や予防にもつながることなんですね。
セサミンで血液サラサラ効果こちらの記事も参考になるかと思います。