セサミン道場

セサミン道場

セサミンの二日酔いへの効果

お酒は飲んでいるときって本当に気持ちよくて、食べるものもおいしく感じるし、会話は弾むし・・・でも調子にのって飲みすぎると翌日地獄を見ます。
そう、二日酔い。
あんなに苦しい思いは申したくないと思うのに、夕方になればどこ吹く風・・また呑みたくなるのが困りものです。
女性が出産直後、もうこんなに痛い思いをするのはいや!って思うのに、またしばらくすると、子供がほしいなーと思うのと似たような感じです。

お酒は百薬の長ともいわれ、寝る前に少し飲むなど少量であれば、体を温めてくれるし、血の流れがよくなるし、すーっと眠りに入っていけますから、体にもよいものでしょう。
でも、過剰に摂取してしまうと二日酔いになりますし、継続すれば肝臓がいたみます。
二日酔いの原因、何かご存知でしょうか。
アセトアルデヒドという成分が犯人なんです。

アルコールを摂取すると体内をまわってから肝臓にたどり着きます。
ここで水と二酸化炭素に分けられますが、このとき、アセトアルデヒドという有害成分が誕生するんです。
普通の量なら、アセトアルデヒドは分解され体外に排出されるので問題ないのですが・・・
あまりにも多いお酒の量だと、アセトアルデヒドの発生量も多くなります。

肝臓が分解しきれないくらいアルコールを飲んでしまうと、アセトアルデヒドが体外に排出されることもなく、それが頭痛や吐き気、めまいなどの悪さをするんです。
これが二日酔いの正体。
セサミンは肝臓に直接働きかけができる抗酸化作用を持っています。
通常、抗酸化作用があるほかの成分でも肝臓までその状態を保つことって難しいのですが、セサミンはしっかり肝臓に働きかけるパワーを持っているのです。

若いときには肝臓もばりばりに働いています。
でも年齢とともに肝臓もだんだん弱ってきて、特にお酒を毎日飲む人は、肝臓がくたびれてしまいます。
量が多くなればなるほど、肝臓はフル回転で働く必要があります。

このくらいの量で二日酔いになるなんてなかったのにな・・と感じるとき。
肝臓がとても疲れているのかもしれません。
セサミンを飲んで、二日酔いにならないように、しっかりアルコールの分解を手伝ってもらいましょう。