セサミン道場

セサミン道場

年齢を感じたときにのみたいセサミンパワー

年齢を感じるとき、いろいろありますね。
白髪が出てき始めたとか、しわやしみが多くなったとか。
毎日鏡をじっくり見つつお化粧をする習慣がある女性は、男性よりも特に年齢を感じることが多いと思います。
朝目が覚めても起きる気にならなかったり、しっかり寝ているのに寝た気にならない。

これも年齢とともに感じるようになる感覚です。
どうしてこんな風に疲れをひどく感じるようになるのでしょう。
疲れと一言では片付けられないのですよね。
何が原因だろう?と深く考える人もいると思います。
この根本的な原因はまれに病気が隠されていることもありますが、通常、自律神経の乱れにあるといわれています。

自律神経には副交感神経、それに交感神経があります。
起きて体を動かしているときには交感神経が働きます。
神経が興奮している状態ですね。
でも入浴や睡眠など体がリラックスしている状態の時には副交感神経が働きます。
このとき、交感神経は働くのをちょっと休憩して、副交感神経がしっかり働くというのが普通です。

このとき副交感神経がしっかり働ける状態にあれば、ストレスなどで受けた細胞のダメージを行えるのです。
でも睡眠不足が継続したり、ストレスを強く受けたりなど緊張した状態が継続してしまうと、交感神経が常に活発に活動を続けてしまうことになり、副交感神経がしっかり働けなくなってしまうことがあります。
こうなってしまうと副交感神経はダメージの修復をしっかり行うことができなくなってしまい、結果、寝た気がしない、疲れが取れないなどの疲労感を伴ってしまうのです。
副交感神経を十分に働かせるためには、しっかり睡眠をとる、ストレスなどを過度に受けない生活が好ましいということになりますが、副交感神経をしっかり働かせるための回復につながる代謝酵素を働かせること、これがきちんと体内で行われないと、副交感神経が働いてくれません。

セサミンはこの疲れの回復を行う代謝酵素へのサポートができるのです。
実はこれら代謝などに利用される酵素は肝臓で生成されることがわかっています。
セサミンは肝臓に直接作用する成分で、肝臓がしっかり酵素を生み出すサポートを行います。
肝臓で代謝に利用する酵素がきちんと作られれば、疲労回復のための鍵を握る代謝酵素としての働きを十分果たしてくれるでしょう。
若い方にも良いのですが、その理由は若い方にセサミンが良い理由のサイトにかいてあります。